星占い事典|山羊座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

山羊座の感覚

やっぱり最後は・・・

自制の星である土星を支配星にもつ山羊座は、自らを律してきちんと生きたいと心のどこかで感じています。

 

ですが実際のところ、そうありたいと願うことと、そう出来るかはまた別問題。

 

むしろ「正しく生きなければ」という目に見えないプレッシャーが強いために、それを払拭するかのように、いいかげんな態度をとることもあります。

 

少し心のバランスをとるのが難しいこともある山羊座ですが、セルフコントロールの重要性を直感的に理解しているため、他者からは計り知れないような密かな自制心を働かせていたりするもの。

 

そのため、どんなにチャラチャラしている時期があったとしても、山羊座は完全に軽薄になりきることも、堕落しきることもあまりないでしょう。

 

底なしのクレイジーになるまえにどこかでブレーキをかけるのが山羊座の感覚なのです。




体裁は大事

社会とのかかわりの中で自分自身の価値を見出そうとする山羊座は体裁というものを大切に考えています。

 

中身もないのに表面だけ偽るということでなく、良いものには社会がきちんとしたラベルをつけてくれるとわかっているためです。

 

一般社会では、いちどラベルが貼られたなら、それをはがしてまで、わざわざ中身を確認しようとはしません。

 

後になっていくら「本当はもっと素晴らしいんだ!」と叫んだとしても、すでに社会に認知されているラベルをすぐに変えるのはむずかしいでしょう。

 

そんな厳しい社会の現実を山羊座は肌感覚でわかっているので、やはり体裁は大事だと考えるのです。

 

また、山羊座は少し寂しがり屋なところがあり、もっと自分をかまって大切に扱ってほしいという願望も背景にあるようです。




守りたいものがある

さまざまな物事を「壊す」ことを好むタイプの人がいますが、そういう人は新しいものを生み出すにあたり「無」の状態に戻すために必要な人です。

 

一方、山羊座はその逆で、積み重ねてきたものをしっかり守るという使命を担っている人たち。

 

そのため本能的になにかを「守らなければ」という感覚を持っています。

 

守る対象は人それぞれで、家族だったり、会社だったり、受け継がれてきた伝統だったり、地位やステイタスだったりもするでしょう。

 

たとえ何かが壊されそうになっても、一生懸命にそれを守り、修復して、次の世代に手渡したいという気持ちをどこかにもっています。

 

何かを保守するというのは地味でありながら、とても骨の折れる仕事なので、自分に厳しい人にしかできないことだといえます。

 

このような感覚は、いつの世も、若者にはあまり受けがよくありませんが、年を重ねるにつれてその素晴らしさが理解できるようになる類のものでしょう。




PAGETOP
Copyright © 山羊座の運勢 ~ Capricorn ~ All Rights Reserved.