星占い事典|山羊座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

山羊座が恋した後の心理

どこまで信じられるか

不器用なところがある山羊座はすこし恋愛下手で、誰かを好きになると嬉しくなると同時に急に不安になったりします。

 

自分なんか相手にされないはずだと勝手に思いこんで気持ちが不安定になったりしまうこともあるようです。

 

山羊座は安心感をもとめる気持ちが強いので恋することで生じるリスクを考えると不安が心のなかに渦巻いてしまいます。

 

そんなとき一番気になるのは「どこまでその人を信じられるのか」といえるかもしれません。

 

もしフラれるにしても、お付き合いできるにしても、その人がどのくらい信頼に値する人かどうかが最も気になるのです。

 

どんなに魅力的な相手であっても、信じられない人とは山羊座はおつきあいをしようとしないからです。




このまま進むべきか

相手の気持ちが確認できて晴れて両想いになった後は、こんどはそのまま交際を進めて良いのかどうかと考えはじめます。

 

山羊座はたいていの場合は、真剣交際の先には結婚を意識していますから、初めのうちに決心するかどうかが重要なのです。

 

そこで進むことを決めたなら最後まで責任を負おうという覚悟をもつことになるため、なかなかスピードアップができません。

 

その人と結婚したなら自分の将来はどうなるのか、なんてことまであれこれと思いをめぐらせることでしょう。

 

責任感の強い山羊座や、ひとつひとつのアクションが関係を深めていくことになると考えるため、どうしてもフットワークが重くなりがちです。




伴侶としてふさわしいか

すばらしく魅力的な人と出会い恋人同士になったとしても、その人が本当に人生の伴侶としてふさわしいのかどうか山羊座は冷静に見定めたいと考えています。

 

それほど野心家でないタイプであればよいのですが、高い理想を追い求めている山羊座の場合は、その夢をかなえるためならば今の恋人に別れを告げることもありえます。

 

自分のことを支えて応援してくれる相手であれば決して裏切ることはありませんが、成功の妨げになるような恋人だといくら好きな気持ちがあっても関係を続けることはしないでしょう。

 

いまの恋人が人生のパートナーとしてふさわしいかどうかは、山羊座の判断基準としていつも頭の中にあるといえます。




PAGETOP
Copyright © 山羊座の運勢 ~ Capricorn ~ All Rights Reserved.